【投資型フランチャイズとは?】ビジネス一覧や本部のおすすめな選び方もご紹介

投資を始めたいが、なるべくリスクは避けたいと考えている方におすすめなのが投資型フランチャイズです。オーナーは働かず設備投資だけで済むため、投資先として事業を始める方が増えています。しかし投資型フランチャイズはどのような経営なのか・果たして儲かる事業なのか、気になる方も多いでしょう。 この記事では投資型フランチャイズの特徴やメリット・デメリットについて紹介します。代表的な投資型フランチャイズビジネスや、フランチャイズ本部の選び方についても詳しく解説しています。また、「なぜこのフランチャイズモデルが誕生したか」などの深い部分まで解説しておりますので、是非ともご参考にしてくださいませ。  

閉じる

<目次>

  1. 投資型フランチャイズとは?
  2. 投資型フランチャイズの3つのメリット
    1. 投資先として手堅い
    2. 自分が動くことが少なく不労所得を得やすい
    3. ランニングコストが掛かりにくい業態が多い
  3. 投資型フランチャイズの3つのデメリット
    1. 初期投資が高い業態が多い
    2. 他の業態に比べて犯罪被害の可能性がある
    3. 収益性が少ない傾向にある
  4. 投資型フランチャイズがおすすめな人
    1. 既存事業が忙しくて時間を割けない人
    2. 将来性のある有望な投資先を探している人
  5. 投資型フランチャイズビジネス一覧をご紹介
  6. 投資型フランチャイズビジネスに関してよくある質問
    1. サラリーマンでも副業やオーナー業として不労所得は可能ですか?
    2. 株やFXと比べて投資型フランチャイズの魅力は?
    3. サラリーマンでも始められますか?
  7. 失敗しないフランチャイズ本部の選び方4選
    1. 市場規模が大きい
    2. 本部のブランド力が強い
    3. サポート体制や運営ノウハウが整っている
    4. 収益が見込める
  8. 投資型フランチャイズの【本質】とは
    1. フランチャイズの本質とは何か
    2. ではなぜ、投資型フランチャイズが生まれたか
    3. 【知っておくべき】投資型フランチャイズ本部の考え方
    4. どのような最終目的や経営戦略があるのか
    5. なぜ投資型フランチャイズで展開しているのか
  9. まとめ

この記事を読んだ人にオススメ

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

こんな方にオススメ

  • 投資型フランチャイズについて知りたい
  • 投資としてフランチャイズ参画を検討している
  • 手間のかからないフランチャイズに興味がある

投資型フランチャイズとは?

大量のグラフ

投資型フランチャイズとは、オーナーは店舗・設備費を負担し、運営はフランチャイズ本部が行うビジネスモデルのことを指します。

よくあるフランチャイズ経営は、フランチャイズ本部が提供する経営ノウハウ・サポートに基づき、開業に必要な資金調達から店舗運営にいたるすべてのことをオーナーが行うのが一般的です。

しかし投資型フランチャイズでは、オーナーが開業した店舗をフランチャイズ本部が代行して運営します。フランチャイズの契約形態ではありますが、事業というよりも投資に近いといえるでしょう。

 

投資型フランチャイズの3つのメリット

黒板にメリット

この章では投資型フランチャイズの3つのメリットを紹介します。内容は以下の通りです。

  • 投資先として手堅い

  • 自分が動くことが少なく不労所得を得やすい

  • ランニングコストが掛かりにくい業態が多い

通常のフランチャイズ経営と比較したい方・株やFXなどの投資との違いを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

投資先として手堅い

投資型フランチャイズは、投資先として手堅いところがメリット。代表的な投資先としては株・FXなどがあげられますが、利益を出すためにはある程度の知識・経験が必要。独学で勉強したりセミナーなどで情報を得たりする必要があるため、手間も時間もかかります。

一方、投資型フランチャイズは、これまでの成功事例をもとにした経営ノウハウで本部が店舗を運営するため、失敗のリスクを避けられるのがポイント。収益を得やすい投資先として魅力があるビジネスといえます。

 

自分が動くことが少なく不労所得を得やすい

先述の通り、投資型フランチャイズは設備に投資するビジネスモデル。オーナー自身が動くことが少なく、人員が必要な場合は外注化で負担を軽減できるため不労所得を得やすいのがメリットです。さらに年齢や体力に関係なく、長期経営が可能なのも魅力といえます。

 

ランニングコストが掛かりにくい業態が多い

投資型フランチャイズはランニングコストがかかりにくい業態が多いのが特徴。例えば投資型フランチャイズの代表的な業態であるトランクルームは、スペースを貸すのみなので人件費や光熱費などのランニングコストがかかりません。

またコインランドリーにおいては洗濯機や乾燥機の導入など初期費用が高額ではあるものの、毎月かかる費用は水道・電気代などの光熱費のみです。

人件費などのランニングコストを抑えられ、安定した収益を得やすい業態が多い点も、投資型フランチャイズの大きなメリットです。

 

投資型フランチャイズの3つのデメリット

吹き出しにデメリット

この章では投資型フランチャイズの3つのデメリットを紹介します。内容は以下の通りです。

  • 初期投資が高い業態が多い

  • 他の業態に比べて犯罪被害の可能性がある

  • 基本的に収益が少ない

デメリットを把握し、失敗のリスクを減らしましょう。

 

初期投資が高い業態が多い

投資型フランチャイズは初期投資が高く、他の業態に比べ開業コストがかかる業態が多いのがデメリット。例えば、投資型フランチャイズで人気のあるコインランドリーは、開業時に洗濯機や乾燥機を導入する必要があるため、初期費用が膨らみます

また窃盗・盗難などのリスクが高まるため、監視カメラや警報装置などの防犯対策も必要です。外貨自動両替機では、機械の購入費用のほかデポジット用のお金がかかるため初期費用が高額になります。

 

他の業態に比べて犯罪被害の可能性がある

投資型フランチャイズは無人経営可能な業態が多く、人件費などのランニングコストを抑えられる一方、盗難や強盗などの犯罪被害のリスクが高いのがデメリット

人が常駐しない分、防犯カメラの設置や警備会社との連携が必須です。また防犯対策に気を配っていても、強盗や盗難などのトラブルに遭ってしまうと集客に影響が出る恐れもあります。

 

収益性が少ない傾向にある

投資型フランチャイズは、基本的に収益が少ない傾向にあるのもデメリット。業種や店舗の規模によって得られる収益に差がでるものの、投資型フランチャイズだけで生活するのは難しいといえます。

例えば、10室のトランクルームを月額1万円で貸したとすると、たとえ満室だったとしても月額10万円程度の収益にしかなりません。

不労所得を得やすいビジネスではあるものの、十分なスペースの確保・大きな初期投資ができない場合は、投資型フランチャイズ単体での収益は低いといえます。

【動画】「投資型フランチャイズの本質」ウェビナー

【動画】「投資型フランチャイズの本質」ウェビナー

こんな方にオススメ

  • 投資型フランチャイズに関心がある
  • 手離れの良い新規事業を探している
  • 新規事業に取り組みたいが、人材・時間リソースをかけるのが難しい

投資型フランチャイズがおすすめな人

指差し男性

この章では投資型フランチャイズがおすすめな人の特徴を解説しています。内容は以下の通りです。

  • 既存事業が忙しくて時間を割けない人

  • 将来性のある有望な投資先を探している人

一般的なフランチャイズ経営で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

既存事業が忙しくて時間を割けない人

投資型フランチャイズは、投資を考えているものの、本業や家事・育児で忙しくて時間がないという方に適しています。先ほども述べた通り、投資型フランチャイズではこれまでの成功事例で積み重ねたノウハウをもとに本部が運営します。

基本的にオーナー自身が動くことがなく、あったとしても月に一度の状況確認程度です。また開業するにあたって、経営についての知識を深める必要はありません。

 

将来性のある有望な投資先を探している人

投資型フランチャイズは、将来性のある有望な投資先を探している方におすすめです。その理由には、需要が高まりつつある業種や市場規模が拡大傾向にある業種が多く、失敗のリスクが少ないことがあげられます

例えば、投資型フランチャイズの代表であるトランクルームは、市場規模が拡大傾向にあり、拠点数も年々増加しています。トランクルームを含む収納サービスの国内市場規模は2011年度で774億7,000万円、2023年度では前年度比3.6%増の825億8,000万円が見込まれています。今後もさらなる市場拡大が予測されるため、注目すべき事業といえるでしょう。

参照:株式会社矢野経済研究所「収納サービス(レンタル収納・コンテナ収納)市場に関する調査を実施(2023年)

 

投資型フランチャイズビジネス一覧をご紹介

微笑む人たち

この章では投資型フランチャイズビジネス一覧を紹介します。

  • ベビーパークFC

  • 24h無人ホルモン直売所

  • MY GOLF LANE

  • ゴルフのミカタ

  • AIフィットネス「ファディー」

  • じむじむ

  • Blanc

  • GOLFERS24

  • Mr.Chicken

  • B'PRODUCE

 

運営会社 加盟金 ロイヤリティ 初期費用 募集エリア 特徴
ベビーパークFC 株式会社 TOEZ 300万円~ 税込売上の20% 300万円~ 全国

  • 業界初の全国展開親子教室
  • 黒字化済み教室のオーナーになれる
  • 13年超の実績で安心

24h 無人ホルモン直売所 合同会社 藤 55万円~ 3.3万円 300 万円 全国

  • 加盟金わずか55万円と低コスト
  • 2坪~開業できる小規模の無人直売所

MY GOLF LANE 株式会社 マイゴル 350万円 30万円 非公開 全国

  • 最新のシミュレーション機器導入により無人化を実現
  • 金融機関による資金サポートあり

ゴルフのミカタ ゴルフ・アンリミテッド 株式会社 200万円 10万円 約1,590万円~ 全国

※運営委託プランは大阪エリアのみ選択可能

  • 無人化により低コスト・高利益率
  • プロによるレッスンも可能

AIフィットネス「ファディー」 株式会社 ファディー 要問合せ 要問合せ 要問合せ 首都圏

  • 次世代AIマシンを用いた女性専用フィットネス
  • 入会率88%の驚異的な実績

じむじむ 株式会社 GIANT SWING PRODUCTIONS 非公開 0円 約580万円(トレーラー車両購入代として)

※ローンの場合、0円~

全国

  • トレーラーハウス型無人ジム
  • レンタル活用により初期費用0円から開業可能

Blanc 株式会社 Blanc(ブラン) 200万円 0円~

※営業利益が黒字化するまで0円

※以降、営業利益の最大15%

940万円~ 全国

  • 黒字化するまでロイヤリティ0円
  • 顧客単価が比較的高い
  • 運営を本部に完全委託可能

GOLFERS24 株式会社 StudioX 非公開 20万円 非公開 全国

  • 完全個室で利用できるため顧客満足度を高められる
  • 本部の手厚いサポート

Mr.Chicken 株式会社 TGAL 非公開 0円 30万円~ 全国

  • 冷凍自販機のリースより開業資金0円
  • 売上の変動に応じて商品入れ替え実施

B'PRODUCE 株式会社 ビューティクリエイト 400万円 売上の10%

※運営委託プランの場合

300万円~

※加盟金分割の場合

全国

  • 運営を本部に完全委託可能
  • 加盟金の分割払いにより300万円~で開業可能

 

ベビーパークFCは、最新の脳科学に基づき子どもの知能教育を行うと同時に、母親も一緒に子育てを学べる親子教室カリキュラムを提供しているのが大きな特徴です。

全国200教室を展開し、2万組以上の親子が通うなど、幼児教室のなかでもトップクラスの業績を誇ります。

投資型フランチャイズの先駆けといわれており、累計投資家は1,000人を超えると群を抜いた実績があります。

さらに、新規出店ではなく、すでに出店し黒字化している教室の収益の一部を受け取れるため、低リスクで安定収益を実現できるのが大きな魅力です。手間をかけずに早期かつ安定的なリターンが期待できます。

 

AIフィットネス「ファディー」は最新鋭のAIマシーンを用いた女性専用フィットネスです。その圧倒的な差別化ポイントにより、フィットネス業界において体験参加者からの入会率は平均50%といわれる中、88%という驚異的な実績があります。

すでに全国で100加盟を突破しており、首都圏好立地エリアのみ、運営委託モデルでのオーナー募集しています。

 

そのほか、MY GOLF LANE・ゴルフのミカタ・GOLFERS24といったインドアゴルフを提供するフランチャイズも多く見られます。24時間365日営業・スタッフの省人化が可能。オーナーが動く必要がないため、投資型ビジネスとして人気のある業種です。

マツエクビジネスのBlanc(ブラン)・B'PRODUCE(ビープロデュース)は本部への完全委託により特別な資格を取得する必要がなく、美容業界へ参入できるのが大きな魅力です。

また24h 無人ホルモン直売所・じむじむ・Mr.Chickenといった、省スペース・低コストで開業できる業態であれば、失敗のリスクを抑えて開業できるでしょう。

 

投資型フランチャイズビジネスに関してよくある質問

虫眼鏡で問題を見る

この章では投資型フランチャイズビジネスに関してよくある質問を紹介します。内容は以下の通りです。

  • サラリーマンでも副業やオーナー業として不労所得は可能ですか?

  • 株やFXと比べて投資型フランチャイズの魅力は?

  • サラリーマンでも始められますか?

 

サラリーマンでも副業やオーナー業として不労所得は可能ですか?

サラリーマンでも副業やオーナー業として不労所得は可能です。その理由は、投資型フランチャイズはトランクルーム・コインランドリー・外貨自動両替機など無人化できる業種が多く、不労所得ビジネスとしても成り立つ事業が多いためです。

また万が一、人材が必要な場合でも本部が担当したり外注したりできるため、オーナーへ負担がかかることはありません。

 

株やFXと比べて投資型フランチャイズの魅力は?

投資型フランチャイズは全国で実績を積んだサービス・商品、フランチャイズのブランド力を活用し、失敗のリスクを抑えた開業ができるのが一番の魅力です。

また経営や投資に関する知識・経験も不要なため、初心者の方でも始められるのもポイントといえます。

株やFXなどの投資ビジネスでは、株価の推移・値動きなど、さまざまな情報を得ながら自分で判断していく必要があるため時間も手間もかかります。また、投資についての知識・経験が必要であり、失敗するリスクも高いでしょう。

 

サラリーマンでも始められますか?

投資型フランチャイズは、サラリーマンでも始められます。オーナーは設備投資のみを行い、開業後の運営や事務作業はフランチャイズ本部に任せられるのが大きなメリット。隙間時間に運営する副業よりも手間がかからず不労所得を得やすい事業といえます。

 

失敗しないフランチャイズ本部の選び方4選

選び方

この章では失敗しないフランチャイズ本部の選び方4選を紹介します。内容は以下の通りです。

  • 市場規模が大きい

  • 本部のブランド力が強い

  • サポート体制が整っている

  • 収益が見込める

フランチャイズ選びに失敗しないためにも、注意すべきポイントを押さえましょう。

 

市場規模が大きい

フランチャイズ加盟前には、検討している事業が属する市場やマーケットについて調査・分析するのが重要です。3年後の市場規模が1,000億円を超える見込みがあれば、経営が成功する可能性は高いといえます。しかし100億円を下回る可能性があれば注意が必要です。

市場規模の伸び率・推移や拡大予測は、参入する事業を決めるうえで重要な判断材料です。そのため自分だけで判断するのではなく、専門家や他の加盟店に相談しながら検討していくことが大切といえるでしょう。

 

本部のブランド力が強い

フランチャイズ本部の規模やブランド力を確認しましょう。フランチャイズビジネスにおいて、本部のブランド力は集客力に直結します。知名度が高いフランチャイズ本部の場合、開業オープンから多くの集客が見込めるケースも少なくありません。

また各店舗のホームページとリンクしている点や、テレビCMなどの広報活動に強い企業を選ぶことで、より多くの集客が期待できるでしょう。

 

サポート体制や運営ノウハウが整っている

フランチャイズ本部を選ぶ際は、経営のための知識やノウハウを学べるか・自分に必要なサポート体制が十分に整っているかも大切なポイントです。

また、まとまった費用が用意できない場合の資金調達のサポートなど、手厚い支援が受けられるかどうかも比較ポイントといえるでしょう。

 

収益が見込める

営業利益率やロイヤリティに着目し、収益が見込めるフランチャイズ本部を選びましょう。営業利益率とは、営業利益を売上高で割って算出した割合のこと。事業本来の実力を測る際に使われており、20%を超えているとかなり高いといえます。

ロイヤリティは、フランチャイズ本部が持つブランドの使用権・経営ノウハウの提供・サポートを受ける代わりに支払う対価のことを指しており、売上に対し5%未満だと低いと判断できます。また初期投資は1年半で回収できるモデルが理想的です。

 

投資型フランチャイズの【本質】とは

握手をする

最後に、この章では投資型フランチャイズの本質を紹介します。

これは非常に重要なのですが、これまでなかなか語られてこなかった内容になります。

このような本質を知った上で、比較検討をされることを推奨します。

 

フランチャイズの本質とは何か

加盟店にとってフランチャイズに加盟をするということは、「加盟金やロイヤリティなどの資金を出す対価として、商標・サービスマーク・経営ノウハウなどを取得し、同一のイメージのもとに商品やサービスの販売、その他の事業を行う権利」を得るということです。

一方で、フランチャイズ本部からすると、投資型でも一般的なフランチャイズでも、「資金調達の1つの経営手法」であることにほかなりません。そして、このように資金調達をしながら、急速な多店舗展開をすることで、シェアを獲得し、圧倒的な認知度を誇ることで、類似商品・サービスが出てきた際でも商品開発や販促費をかけながら、競争力を保つことができます。つまり、フランチャイズ本部が持つ経営ノウハウの寿命を長くさせることができます。これこそが、フランチャイズの本質です。

 

ではなぜ、投資型フランチャイズが生まれたか

ではなぜ、投資型フランチャイズが生まれたのでしょうか。これは一般的なフランチャイズの弱点を克服することができるからです。その弱点は、以下の2つです。

・質の担保

・経営ノウハウの流出防止

フランチャイズ店舗においては、加盟店の経営方針・採用基準・マネジメント手法などが、運営の成果に直結するため、店舗ごとの質の差が生じやすくなります。一方で、投資型フランチャイズの場合、全店舗を本部が運営を行うため、つまり全て直営品質になるため、質が均一化されやすくなります。

もう1つも、一般的なフランチャイズではよくあることですが、ノウハウや事業理解・サービス知識を持った運営力のある加盟店がそのまま屋号を変えて独立してしまうことです。フランチャイズの屋号を外し独立すれば、ロイヤリティを支払う必要がなくなるため、収益性が飛躍的に向上します。フランチャイズのパートナーとしてともに運営を行ってきたのにも関わらず、いつしか競合・ライバルになってしまう、、、なんてこともフランチャイズではあるあるです。しかし、投資型フランチャイズの場合、投資型フランチャイズに加盟する場合のデメリットで申し上げましたが、経営ノウハウも基本的には本部に帰属し、加盟店がノウハウを習得することが難しいため、独立を防ぐことができます。

この2つの弱点を克服したモデルが、投資型フランチャイズです。

 

【知っておくべき】投資型フランチャイズ本部の考え方

ここまで、投資型フランチャイズのメリット・デメリットや本質についてお話をさせて頂きました。一般的な運営型フランチャイズとは違った魅力のある投資型フランチャイズですが、すべてのフランチャイズ本部が採用をするビジネスモデルではありません。

それはなぜでしょうか?

端的に言うと、本部の経営手法で何を選択するか、好みによるところが大きいからです。

もちろん、それは当然のことではありますが、フランチャイズ本部がその方針を選択した理由については知っておくべきでしょう。

つまり大事なことは、「投資型フランチャイズ本部の経営方針を深く知る」ことです。なぜこのモデルを選択したのか?を知ることで、本部の経営方針や運営能力などを推し量ることができるでしょう。加盟する際においての1つの判断基準となるでしょう。

 

どのような最終目的や経営戦略があるのか

投資型フランチャイズ本部が、ただ多店舗展開をして儲けたいから資金を集めているだけでは、なかなかうまくいきません。なぜ難しいのでしょうか?

そこには、しっかりとした経営方針や理念が必要になってくるからです。投資型(運営を委託する)である以上、本部の采配如何によるところが全てと言っても過言ではありません。店舗展開をする理由、成し遂げたいビジョンがあるからこそ、その想いに共感をし投資をしたいというオーナーが集まってくるのではないでしょうか?

ただ本部が儲かるためにやっているだけでは、共感して頂くことはできないでしょう。

また、投資型フランチャイズである以上、加盟オーナーの収益を上げるためにもしっかりとした経営戦略も必要です。

 

例1:会員制サービスだった場合、会員数が何万人必要なのか、入会率・退会率の管理はされているか、その管理方法はどのような形でやっているのか

例2:集客方法はどのような施策を講じているか、顧客単価は適切か、リピーターを作る方法はあるか

 

挙げればキリがありませんが、経営上で設定しているKPIを知ることも重要でしょう。

 

なぜ投資型フランチャイズで展開しているのか

一般的なフランチャイズではなく、なぜ投資型フランチャイズで展開しているかという質問も、本部の方針や姿勢を知る上では重要なポイントです。

例えば、本部が最終的に成し遂げたい理念・将来のため、経営面を本部が握っておく必要があるのかもしれません。

もしくは、業界の後発ブランドのため、他社に真似をされないよう、ノウハウを本部が管理をしながら圧倒的なスピードで展開をしシェアを取っていく方針なのかもしれません。

本部の経営方針に納得がいくかどうかも、加盟においての判断材料の1つと言えるでしょう。

 

まとめ

背景黄色のまとめ

投資型フランチャイズは、手堅い投資先として魅力のあるビジネスです。しかし事業を成功させるためにも、フランチャイズ本部や業種は慎重に選ぶのが重要といえます。また安定した運営が可能な一方で、得られる収益が少ない業種もあるので注意しましょう。

投資先をお探しの方におすすめな投資型フランチャイズ。この記事を参考に、開業を検討してみてはいかがでしょうか。

 

           

この記事を読んだ人にオススメ

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

こんな方にオススメ

  • 投資型フランチャイズについて知りたい
  • 投資としてフランチャイズ参画を検討している
  • 手間のかからないフランチャイズに興味がある

この記事の信頼性

BBSインターナショナル株式会社 取締役 青木 啓祐

BBSインターナショナル株式会社

取締役

青木 啓祐

2013年、京都大学農学部卒。
WEBマーケ企業や人材派遣のコンサルティングのベンチャー企業、外資系5つ星ホテルの立ち上げなどスタートアップ企業でキャリアをつみ、
2019年に現所属の母体となるNBCインターナショナル(株)に入社。
シニアの生活支援FC事業の営業・マーケティング支援や幼児教室FC事業の営業・マーケティング支援を行う。
現在は、加盟店開発の営業の責任者として、一気通貫してFC本部を全国展開を支援。

0120-957-320

お問い合わせ・資料請求