【海外のニッチビジネスの成功事例5選】共通点や成功のコツも徹底解説

「海外のニッチビジネスにはどんな成功例がある?」「ニッチビジネスに成功するためにはどうすべき?」など、日本国内におけるニッチビジネスについては知っているものの、海外の成功事例をよく知らない方は少なくありません。 本記事では、海外におけるニッチビジネスの成功事例とその共通点を詳しく解説しますビジネスを成功させるためには、さまざまな情報の収集が必須です。お伝えする内容をしっかりと把握し、ニッチビジネスについての理解をさらに深めていきましょう。

閉じる

<目次>

  1. ニッチビジネスとは?市場の隙間にある一部の顧客・ニーズを狙ったビジネス
  2. 海外におけるニッチビジネスの成功事例5選
    1. ①フェラーリ
    2. ②Paypal
    3. ③Trouver Le Bon Taureau(トルベ・ル・ボン・トロー)
    4. ④Plum Guide(プラムガイド)
    5. ⑤Paradox Interactive(パラドックスインタラクティブ)
  3. ニッチビジネスのメリット・デメリット
    1. ニッチビジネスのメリット
    2. ニッチビジネスのデメリット
  4. 成功しているニッチビジネスの共通点
    1. 流行にとらわれていない
    2. 付加価値のある商品・サービスを提供している
    3. 「何でも屋」になっていない
  5. ニッチビジネスを成功させるためにはマーケティングリサーチが重要
  6. まとめ

この記事を読んだ人にオススメ

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

こんな方にオススメ

  • 投資型フランチャイズについて知りたい
  • 投資としてフランチャイズ参画を検討している
  • 手間のかからないフランチャイズに興味がある

ニッチビジネスとは?市場の隙間にある一部の顧客・ニーズを狙ったビジネス

茶色いセーター

「ニッチビジネス」とは、市場の隙間にある一部の顧客や特定のニーズに対し、サービス・商品を提供するビジネスのことです

一定の需要がある分野には、既に大手企業が事業を展開していることが多いですが、大手でも全てのニーズを漏れなくカバーすることはできません。規模の大きな会社が事業展開する場合、市場としての収益性は特に重視され、小さな市場には参入しないことも多いです。

しかし、大企業から見れば採算の合わない事業でも、規模が小さい組織であればコストを抑えて利益を獲得できる可能性があります。そのため、市場の隙間のわずかなニーズを取り込んだニッチビジネスで、事業の成功を目指す企業は少なくありません。

 

海外におけるニッチビジネスの成功事例5選

ハイタッチ

ニッチビジネスについての理解を深めるためには、日本国内に限らず海外の成功事例を把握することも大切です。

ここでは、海外におけるニッチビジネスの成功事例を厳選して5つ紹介します。それぞれどのようなビジネスなのか、その特徴に注目してみてください。

【海外におけるニッチビジネスの成功事例5選】

  • フェラーリ
  • Paypal
  • Trouver Le Bon Taureau(トルベ・ル・ボン・トロー)
  • Plum Guide(プラムガイド)
  • Paradox Interactive(パラドックスインタラクティブ)

 

①フェラーリ

高級スポーツカーで世界的に有名な「フェラーリ」は、2017年時点で従業員数2,858名、売上高3,700億円超の大手大企業です。

フェラーリの車はほぼ手作業で作られている上に、スポーツカーが7種・GT車が2種のみのラインナップとなっており、自動車メーカーとしては零細企業の規模といえます。実際の年間販売台数は8,398台と1万台を切っていました。

しかし、1台あたりの営業利益は約1,200万円で、日本の自動車メーカーの「トヨタ」やドイツの「フォルクスワーゲン」などのおよそ50倍です。同じ高級スポーツメーカーとして知られている「ポルシェ」と比較してもおよそ6倍の営業利益となっています

独自の市場を確立させたフェラーリは、まぎれもなくニッチビジネスの成功企業です。顧客を「フェラーリ信者」に変え、熱狂的な顧客に支えられるブランドを構築しました。

 

②Paypal

1998年に起業したPaypalは、現在世界各国でおよそ2億人の利用ユーザーがいる決済サービスです。不正防止モデルを独自に確立しており、すべての取引を24時間365日監視し、安全な取引ができるよう徹底しています。

2002年にPaypalはeBayの子会社となりました。eBayのオークションのおよそ7割以上で、Paypalでの支払いを受け付けていたほどの時期もあります。

ニッチビジネスの成功は、「eBay」という大きな市場を攻略したからこそで、現在ではネット上で汎用性が高い支払い方法の1つとして定着しています

 

③Trouver Le Bon Taureau(トルベ・ル・ボン・トロー)

Trouver Le Bon Taureau(トルベ・ル・ボン・トロー)は、畜産業界向けのWebサイト上で雄牛のレンタルができるサービスです農家の中でも一部にしか需要がないケースですが、だからこそニッチビジネスを成功させられたといえます。

所有している雄牛をサイトへ登録することでリストに掲載され、他の畜産農家の方へ貸し出すことが可能です。「雄牛のデートアプリ」として畜産農家の方の中では話題となっています。

 

④Plum Guide(プラムガイド)

世界最大手となる民泊仲介サイトのAirbnb(エアビーアンドビー)の豪華版となるのがPlum Guide(プラムガイド)です

Plum Guideに掲載されるためには条件があります。シーツ類の品質・シャワーの水圧といったおよそ150項目のチェックリストに合格しなければいけません。1つでも項目が基準に満たなければ掲載してもらえず、Plum Guideの専門家が厳しく精査しています。

世界190ヵ国以上で利用されているAirbnbと同様のサービスとなるものの、こだわりのある種類に特化したPlum Guideは、市場の隙間を狙ったニッチビジネスのお手本というべき存在です。

 

⑤Paradox Interactive(パラドックスインタラクティブ)

一般的には、コンピュータゲームの中ではアクションゲームやFPSが人気の高い種類です。しかし、その分競争率が高くなります。

スウェーデンのゲーム会社であるParadox社は、制作するほとんどがストラテジーゲーム。ストラテジーゲームに特化することにより他との差別化を図り、ゲーム業界のニッチビジネスとして大きな成功を収めました

ゲーマーの間では、Paradox社製のゲームは「パラドゲー」と呼ばれて親しまれています。中でも特に人気が高いのが「Hearts of Ironシリーズ」です。独自のシステム・リアルタイムな勢力の行動・プレイする勢力ごとに決められる目標など、他のストラテジーゲームとは一線を画したゲームといえます。

 

ニッチビジネスのメリット・デメリット

手帳にメリット・デメリット

市場の隙間を狙ったニッチビジネスにはメリット・デメリットがあります。良い面ばかりを見ては予期せぬトラブルが起こった際に対処できず、小さな問題が取り返しのつかないことになってしまうケースも少なくありません。

ニッチビジネスを効率よく進めていくためにも、メリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

【ニッチビジネスのメリット・デメリット】

  • ニッチビジネスのメリット
  • ニッチビジネスのデメリット

 

ニッチビジネスのメリット

ニッチビジネスの最大のメリットとして挙げられるのは、「競合がいない」という点です資本力や技術力の高い大企業が参入している市場の場合、ビジネスの成功は難しいのが現状です。しかし、大企業が参入していない市場のニッチビジネスであれば、中小企業や新規の個人事業者でも参入しやすく、ライバルがいない状態で一定の顧客を獲得できます。

その後新しく参入する企業や事業者がいても、顧客を囲んでいれば太刀打ちできるため、競合がいない状態でスムーズにビジネスを進めていけるのが大きなメリットです。

また、こうしたわずかな隙間を狙ったニッチビジネスが、既存のビジネスを巻き込んで大企業の市場を脅かすことも不可能ではありません。

 

ニッチビジネスのデメリット

ニッチビジネスは、どの程度の売上が見込まれるのかを考えるのが難しく、予測よりもかなり下回った結果となることも少なくありません。

また、「一定の顧客を獲得していれば新規参入があっても太刀打ちできる」とメリットでお伝えしましたが、必ずしも売上に影響がないとは言い切れません。他企業の新規参入があったことで思うように売り上げが伸びず、赤字になってしまうこともあります。

さらに、時代の流れと共に市場は変化するため、隙間と思っていた部分が隙間ではなくなってしまうことも珍しくありません。市場動向には常に注視し、時代に合ったビジネス展開を心掛けておきましょう

 

成功しているニッチビジネスの共通点

親指が9本

ニッチビジネスで成功している企業には、いくつかの共通点があります。特に注目すべき共通点が下記の3つです。

【成功しているニッチビジネスの共通点】

  • 流行にとらわれていない
  • 付加価値のある商品・サービスを提供している
  • 「何でも屋」になっていない

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

 

流行にとらわれていない

ビジネスを始める際には、流行に合わせた事業展開を意識することも少なくありません。流行に乗ったビジネスは爆発的な売上が期待できますが、継続は難しく人気は一時的なもので終わってしまいます。また、流行に乗ったビジネスはライバルも多く、軌道に乗せる段階から難易度が高くなってしまうため、成功を収めること自体が困難です。

ニッチビジネスを成功させるためには、「定番の中の隙間」を見つけるようにしましょう多くの人が必要とする商品やサービスの中に、これまでとは異なった特色があれば、「これを探していた」と求める人は一定数いる可能性があります。流行に注目することも大切ですが、そこだけにとらわれるのではなく、最適な「隙間」を発見することがニッチビジネスを成功へ導くための近道です。

 

付加価値のある商品・サービスを提供している

ニッチビジネスでは、顧客に対して他にはない「特別感」を提供することが大切です。例えば、品質・デザイン・アフターサービスなど、既存の商品・サービスにはない付加価値を意識しましょう。こうすることで差別化を図れる上に、顧客のニーズを満たすことが可能です。

商品やサービスそのものが他と同じでも、一味違う特色があればそれは大きな売りになります。顧客が求めるのは「ここにしかないもの」ですこうした隙間を見つけてうまくビジネスを進めていくことで、「他にはない商品・サービスを提供する」というビジネスへの転換も実現できます。

 

「何でも屋」になっていない

ニッチビジネスをするためには、自分自身もニッチな存在になることが欠かせません。しかし、ここでいうニッチは「隙間」ではなく、その道のエキスパートになるということです。ニッチを極め、「専門家」を目指してください

ニッチビジネスでは、商品やサービスを提供するにあたり、専門的な知識や技術が求められます。顧客の中には、専門的な情報を有している方や、質の高い商品を求めている方が少なくありません。こうした顧客のニーズに応えられてこそニッチビジネスは成功を収められます。「より狭い分野に関する知識をさらに深堀し、それらを顧客に提供する」という流れを意識してください

幅広い商品やサービスの取り扱いとなれば、一般的なお店と差別化できていない状態になります。何でも屋になってしまわないよう注意し、ニッチビジネスを極めましょう。

 

ニッチビジネスを成功させるためにはマーケティングリサーチが重要

グラフを作成

ニーズのある分野や必要としている人について理解していなければ、顧客が求めている商品やサービスを提供できません。そこで重要となるのがマーケティングリサーチです。マーケティングリサーチでは、時代の流れで変化する需要を見逃さず、その後の変化を予測します

事業を展開している場合は、利用者の声をホームページなどで集めましょう顧客の意見を聞くことで、新しいビジネスへと発展していくことは珍しくありません。

これから事業を開始する場合、こうしたリアルな声を集めるのは難しいのが現状です。そのため、新聞や雑誌の記事・公的機関が出している統計データを参考にしましょう。民間のリサーチ会社が有する情報を購入することも可能です

ニッチビジネスで成功するためは、細かな調査・分析は必須です。マーケティングにかかる費用は成功のために必要な投資なので、適切にコストをかけてリサーチしてください。

 

まとめ

個室で会議

本記事では、ニッチビジネスのメリット・デメリットや海外の成功事例、成功するためのポイントを詳しく紹介しました。

ニッチビジネスとして成功している企業は全世界にいくつもあります。それらの事例から成功につながるポイントを見つけ、自社の新規事業に活かせるようにしましょう。

ただし、市場や社会情勢は日々変化しているため、真似をするだけでは成功できません。成功しているニッチビジネスの共通点を洗い出すと共に、マーケティングリサーチにも力を入れる必要があります

本記事を参考に、市場の隙間を狙ったニッチビジネスを成功させてください。

 

           

この記事を読んだ人にオススメ

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

こんな方にオススメ

  • 投資型フランチャイズについて知りたい
  • 投資としてフランチャイズ参画を検討している
  • 手間のかからないフランチャイズに興味がある

この記事の信頼性

BBSインターナショナル株式会社 代表取締役 川口 毅

BBSインターナショナル株式会社

代表取締役

川口 毅

2002年、慶應義塾大学経済学部卒、大手広告代理店に入社。
その後メンタルコーチへのキャリアチェンジを経て、
2013年にNBCインターナショナル(株)に入社、フランチャイズの加盟店開発を専業とする。
2016年、同社取締役就任。2018年に事業部を分社化してBBSインターナショナル(株)を設立し、代表取締役就任。
フランチャイズの展開コンサルティングを主軸とし、フランチャイズ本部構築や、新規ビジネスの資金調達支援も行っている。

0120-957-320

お問い合わせ・資料請求