幼児教室の開業方法を解説!資格、必要資金はいくら?個人の自宅でも起業できる?

自ら幼児教室を開くことは、多くの子どもたちの人生に良い影響を与えるという、大変素晴らしい機会提供です。しかし、幼児教室開業を実現するためには、準備と計画が必要です。そこで本記事では、幼児教室を開業する方法について、資格、必要な資金、そして個人が自宅で教室を開くためのステップを詳しく解説します。これから幼児教室を開業しようと考えている方にとって、必要な基礎知識を身につけ、スムーズに業務を開始できるようサポートします。

閉じる

<目次>

  1. 幼児教室開業の基礎知識
    1. 幼児教室とは
    2. 幼児教室の種類
  2. 幼児教室開業に必要な資格とその取得方法
    1. 開業に必要な資格
    2. 幼児教育トレーナー資格は必要?
    3. 資格取得のためのステップ
  3. 幼児教室開業初期にかかる資金
    1. 開業に必要な資金
    2. 運営資金と利益の管理
  4. 幼児教室開業までの5ステップ
    1. 【ステップ1】幼児教室開業のための法的要件を確認
    2. 【ステップ2】教室のコンセプトとカリキュラムの決定
    3. 【ステップ3】教室や教材の準備
    4. 【ステップ4】マーケティングと生徒募集
    5. 【ステップ5】料金設定や保険加入
  5. 幼児教室の運営スタイルとその選び方
    1. 個人の自宅での教室運営方法
    2. フランチャイズ加盟のメリットとデメリット
  6. 幼児教室フランチャイズ「ベビーパーク」の紹介
  7. まとめ

この記事を読んだ人にオススメ

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

こんな方にオススメ

  • 投資型フランチャイズについて知りたい
  • 投資としてフランチャイズ参画を検討している
  • 手間のかからないフランチャイズに興味がある

幼児教室開業の基礎知識

知育

開業前に知っておくべきことは多岐にわたります。ここでは、幼児教室の開業を初めて検討する方向けに、まずは幼児教室がどのようなものか、そしてどんな種類が存在するのかを解説します。

 

幼児教室とは

幼児教室とは、主に満1歳から就学前の6歳までの子どもたちの発達段階に合わせて設計された教育の場です。ここでは、遊びを通じて学ぶことを重視し、子どもたちの社会性や学ぶ楽しさを育むことを目的としています。多くの場合、親が同伴するクラスもあり、親子で学べる環境が整っていることも特徴の一つです。

 

幼児教室の種類

幼児教室には大きく分けて以下のような3つの種類があります。

【幼児教室の種類】

  • 知能開発を重視した教室

こちらは、幼児の思考力や創造力を高めることを目的としています。パズルやゲームを使用して、子どもたちの論理的思考や問題解決能力の基礎を築きます。

  • 情操教育を目的とした教室

芸術活動や音楽、絵画などを通じて、子どもたちの感受性や表現力を育てます。これにより、豊かな心を育むことができるとされています。

  • 受験対策を行う教室

小学校入学を控えた子どもたちを対象に、学習指導や面接練習を行い、受験に向けた準備を助けます。これらのクラスでは、具体的な学習スキルのほか、集中力や記憶力の向上に焦点を当てることが多いです。

これらの幼児教室は、それぞれ異なる目的と特色を持っていますが、共通しているのは、幼い時期からの教育が子どもたちの将来に大きな影響を与えるという概念です。幼児教室を開業する場合、これらの教室タイプから自分の教育理念に合ったスタイルを選ぶことが重要です

 

幼児教室開業に必要な資格とその取得方法

資格取得

幼児教室を開業する際には、資格が必要なのでしょうか。また、どのような資格が必要なのでしょうか。ここでは、幼児教室の開業に資格が必要なのか、資格の種類やその取得方法について詳しく説明します。

 

開業に必要な資格

幼児教室を開業するにあたって、法的に必要とする資格はありません

しかし、幼児教室開業のために取得を推奨する資格として「幼稚園教諭免許」や「保育士資格」がありますこれらは、幼児教育を行ううえで広く認知されており、保護者からの信頼を得やすいです。また、専門的な知識や技術を身につけていることの証明にもなります。

  • 幼稚園教諭免許

幼稚園での教育を行うために必要な国家資格です。この免許の目的は子どもの教育に特化して、学びの基礎を築くことです。

  • 保育士資格

保育園や認定こども園などで勤務する際に必要な国家資格です。この資格の目的は、子どもの日常の世話や健康管理を中心に、安全で健やかに成長できる環境を提供することに焦点を当てています。

これらの資格は、大学、短期大学、専門学校での教育を通じて取得することが可能です。

 

幼児教育トレーナー資格は必要?

幼児教育トレーナー資格は、幼児教育に特化した民間資格で、特定の教育法を学び、子どもたちの発達をサポートするための知識と技術を身につけることができますこの資格は必須ではありませんが、教育内容の質をさらに高めるために役立ちます。

また、幼児教室を開業する際に、このような資格を持っていると、教室のプロフェッショナルとしての証明にもなり、保護者からの信頼感にも繋がるでしょう。

 

資格取得のためのステップ

幼児教室に関する資格を取得するための一般的なステップは以下の通りです。

【資格取得のためのステップ】

  • 情報収集

どの資格が必要か、どのようなプロセスを経て取得できるかを調べます。インターネットや関連する団体から情報を集めましょう。

  • 教育機関の選定

資格取得のための教育機関を選びます。大学、短期大学、専門学校など、さまざまな機関があります。

  • カリキュラムの確認

取得したい資格に対応するカリキュラムが組まれているか確認し、入学手続きを行います。

  • 資格試験の準備

資格試験に合格するための勉強を行います。自習だけでなく、専門の講座を受けることも有効です。

  • 試験の受験と合格

実際に試験を受け、合格を目指します。一部の資格では、実習が必要な場合もあります。

幼児教室を開業するにあたり、これらの資格は開業必須条件ではありませんが、教室の質を保証するために有効です。資格を取得することで、保護者からの信頼獲得にも繋がるだけでなく、自身の教育への理解を深められます。より専門的なサービスを提供できることで、安定した運営にも繋がるでしょう。

 

幼児教室開業初期にかかる資金

開業資金

幼児教室を開業する際、初期にかかる資金はその規模や運営スタイルによって大きく異なります。ここでは、具体的に開業にかかる資金と、効果的な運営資金と収益の管理方法について解説します。

 

開業に必要な資金

開業に必要な資金を明確に把握することは、幼児教室を開業する際に非常に重要です。幼児教室の開業前に必要なものは、主に「教室を行う物件」「教材や備品」「広告宣伝」です。それぞれどのくらいかかるのか見ていきましょう。

 

教室を行う場所の費用

  • 物件のレンタル費用

地域にもよりますが、市街地の小規模な物件であれば月額10万円から20万円程度が一般的です。

  • 内装やリフォーム費用

基本的な内装であれば100万円から300万円程度。自宅を教室として使用する場合でも、プロの手を借りて改修することをお勧めします。

 

教材や備品の購入費用

  • 教材や教育用のおもちゃ、教具

初期投資として50万円から100万円を見積もると良いでしょう。内容によって大きく異なりますが、質の高い教材を選ぶことが長期的な教室運営には有利です。

  • 教育プログラムのライセンス料

プログラムにもよりますが、初期導入費用として30万円から100万円が目安です。

  • 法的な手続きや保険の加入費用

必要な許可申請や保険への加入で、初期に約5万円から20万円が必要になることがあります。

 

マーケティングと広告の費用

  • ウェブサイトの構築

シンプルなものであれば20万円から50万円、より高機能なものはそれ以上かかる場合もあります。

  • チラシやポスターの制作

初回の大量印刷には10万円から30万円が必要です。デザインによる価格の変動もあります。

  • 地域イベントへの参加費用

イベントによって異なりますが、出店料として5万円から10万円程度を見積もってください。

これらの費用を総合すると、幼児教室の開業初期投資は、地域や規模、教室の設備により異なりますが、大体300万円から800万円程度が必要と考えられます開業計画を立てる際には、これらの費用をしっかりと見積もり、資金計画を立てることが成功への第一歩です。

 

運営資金と利益の管理

開業後の資金管理は、事業を持続的に運営していくために欠かせない要素です。以下のポイントを参考に、収入と支出を明確に把握し、常にキャッシュフローを健全な状態に保つことで、幼児教室の安定した運営を目指しましょう。

【資金管理のポイント】

  • 月次の予算計画

毎月、収入と予想される支出を計画し、実際の数値と比較します。定期的に比較することで、財務状態を適時に調整し、計画に沿った運営に繋がります。

  • 緊急時の資金確保

不測の事態に備え、十分な運転資金を確保しておくことが重要です。これにより、予期せぬ出費や収入減少にも対応できるようになります。

  • 利益の再投資

利益が生まれた場合、それを適切に再投資して事業の成長やサービスの質の向上に繋げます。長期的な競争力の強化に繋がります。

  • 財務諸表の作成と分析

損益計算書やバランスシートを定期的に作成し、財務状況を詳細に分析します。こうすることで、事業の財務的な健全性を常に把握し続けることができます。

  • 会計の効率化

会計ソフトや専門の会計士の活用により、会計業務の効率や正確性を高めるだけでなく、経営の見通しを改善し、より効果的な財務戦略を立てることができます。

幼児教室の開業では、これらのポイントに注意して資金計画を立てることが、成功への鍵となります。初期投資だけでなく、日々の運営を支え、成長を促進する資金管理の重要性を理解し、計画的に行動することが求められます

 

幼児教室開業までの5ステップ

パズルのピース

幼児教室の開業は計画的に進めることが成功のカギを握ります。ここでは、開業までの具体的な5ステップを詳しく解説します。

 

【ステップ1】幼児教室開業のための法的要件を確認

幼児教室を開業する前には、必ず法的要件を確認しましょう。地方自治体の教育委員会や保健所への届出が必要か、安全基準に関する規制はあるかなど、事業を始める前にクリアしなければならない法的なハードルを理解しておくことが重要です。

また、建物の使用許可や消防法に基づく安全規定の遵守も必要ですこれらの要件を把握するために、行政書士や専門家と相談することも有効です。

 

【ステップ2】教室のコンセプトとカリキュラムの決定

教室の教育方針や目指すべき子どもの成長像を明確にし、それに基づいたコンセプトを設定します

幼児教育では「知能開発」「情操教育」「受験対策」など、多岐にわたる教育スタイルが存在します。自教室の特色を生かし、どのようなカリキュラムを提供するかを決めましょうこの段階で、対象とする年齢層やクラスのサイズ、授業内容など具体的な計画を立てます。

 

【ステップ3】教室や教材の準備

物件を選定し、必要な改装を行います。教室のデザインは子どもが安全に学べる環境であることが最優先ですまた、教材選びも重要です。教育目標に合わせて、各種教具や教材を選び、必要ならばオリジナルの教材を作成することも考えましょう。

 

【ステップ4】マーケティングと生徒募集

開業前から地域での認知度を上げるためのマーケティング活動を開始します。ウェブサイトやSNSを活用したデジタルマーケティング、地域コミュニティでのイベント参加、オープンハウスの開催などを通じて、教室の存在を広めましょう。

また、生徒募集にはチラシの配布や広告投稿も効果的です。早期申込み割引や紹介制度を設けると、新規顧客の獲得につながります。

 

【ステップ5】料金設定や保険加入

適正な料金設定は教室経営の成功に直結します。競合の調査を行い、地域の市場に適した料金を設定しましょう

また、事故や怪我への対応を考慮して、必要な保険に加入することも忘れないでください。事業者保険に加入することで、万が一の事故やトラブルに備えられます。

以上のステップを丁寧に進めることで、安定した幼児教室運営が可能になります。計画的に準備を進め、質の高い教育サービスを提供していきましょう。

 

幼児教室の運営スタイルとその選び方

運営スタイル

幼児教室を開業する際には、運営スタイルを選ぶことが大切です。運営スタイルには、個人の自宅での教室運営とフランチャイズ加盟という二つの主要な方法があります。それぞれの方法には、メリットとデメリットが存在しますので、自分の状況や目指す教室の形態に合った選択をすることが重要です。それでは、自宅での教室運営とフランチャイズ加盟のメリットとデメリットについて解説します。

 

個人の自宅での教室運営方法

自宅で教室を開く場合、開業初期のコストを抑えられる点が最大のメリットです必要なのは、適切な教材や少しの改装くらいで、大規模な資金投資は不要です。また、通勤時間がなくなるため、生活と仕事のバランスを取りやすいという利点もあります。

しかし、自宅が教室になるため、プライベートと仕事の境界を設けることが難しいというデメリットもあります。さらに、自宅の立地や環境によっては、生徒を集めることが難しくなる可能性も考慮する必要があります。安全規制や保険の面でも、事業用の保険に加入するなど、個別の対策が求められます。

 

フランチャイズ加盟のメリットとデメリット

フランチャイズ加盟は、ブランドの知名度や確立されたカリキュラムを活用できる点が大きなメリットです開業に必要なノウハウや教材が提供されるため、教育業界での経験が浅い方でもスムーズに開業できます。また、本部からのマーケティング支援や継続的なトレーニングが受けられるため、教育の質を保ちやすいです

一方で、フランチャイズ加盟のデメリットとしては、ロイヤリティの支払いや本部の方針に従う必要があります。自由度が低く、自分だけの教室を作りたいと考えている方には不向きかもしれません。加盟初期には、加盟金や設備投資のための初期費用が必要となることも考慮する必要があります。

 

幼児教室フランチャイズ「ベビーパーク」の紹介

ここまで幼児教室の開業方法を記載してきましたが、

教室運営・集客など、想像以上に時間やコスト・手間がかかりそう…と不安に感じられた方におすすめの幼児教室の携わり方をご紹介します。

親子

幼児教室ベビーパークは全国に200教室・総生徒数2万人を抱える業界最大規模の幼児教室です。

「母親に教育を教える」という独自のコンセプトの基、2011年に全国初の「全国展開・親子教室」としてスタートしました。

2013年には100教室展開を達成するなど、驚異的なスピードで業界を席巻している幼児教室です。

その理由は「投資型フランチャイズ」という特徴的なフランチャイズ展開を行ったからといわれています。

オーナーはフランチャイズに加盟しますが、教室の運営はすべて本部に業務委託を行います。

オーナーは幼児教室という専門性の高い業態に、時間や人的リソースを割かずに参画することができます。

また、ナショナルチェーンとして多大なノウハウを保有するフランチャイズ本部が運営するからこそ、教室の成功確率が高まります。

ベビーパークについて関心のある方は以下のページをご覧ください。

 

まとめ

まとめ

幼児教室を開業するには、選択する教室タイプや必要な資格を確認し、資金計画を立てることが重要です法的要件のチェック、教室コンセプトの策定、マーケティング戦略の実行など、この記事で紹介したステップを参考に計画的に進めましょう。幼児教室は、未来を担う子どもたちにとって第二の家とも言える場所。その重要性と責任を理解し、一歩ずつ着実に目標に向かって進んでいくことが成功への道と言えるでしょう。

 

           

この記事を読んだ人にオススメ

投資型フランチャイズ徹底解説レポート

こんな方にオススメ

  • 投資型フランチャイズについて知りたい
  • 投資としてフランチャイズ参画を検討している
  • 手間のかからないフランチャイズに興味がある

この記事の信頼性

BBSインターナショナル株式会社 取締役 青木 啓祐

BBSインターナショナル株式会社

取締役

青木 啓祐

2013年、京都大学農学部卒。
WEBマーケ企業や人材派遣のコンサルティングのベンチャー企業、外資系5つ星ホテルの立ち上げなどスタートアップ企業でキャリアをつみ、
2019年に現所属の母体となるNBCインターナショナル(株)に入社。
シニアの生活支援FC事業の営業・マーケティング支援や幼児教室FC事業の営業・マーケティング支援を行う。
現在は、加盟店開発の営業の責任者として、一気通貫してFC本部を全国展開を支援。

0120-957-320

お問い合わせ・資料請求