【女性専用フィットネスジムを独立開業するには】必要な準備・資格・おすすめのFCをご紹介

 女性専用フィットネスジムで独立・開業したいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかしパーソナルトレーニングジムやフランチャイズなど、さまざまな業態があり、どのように選べばいいのか・どうやったら開業できるのか悩んでしまいますよね。この記事では女性用フィットネスジムを独立開業する際に役立つ情報を詳しく解説しています。必要な準備・資格や、フランチャイズ加盟でおすすめの女性用フィットネスも紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

閉じる

<目次>

  1. 女性専用フィットネスジム・スタジオとは?
  2. 女性専用のフィットネスジムの業界の動向とは
  3. ジムの独立開業の方法は2パターン
    1. その1【個人経営】起業して自分でジムを開業
    2. その2フランチャイズ契約
  4. 女性専用フィットネスジムを開くには?開業に必要な準備5選
    1. 開業する地域のリサーチ
    2. 集客方法を明確にする
    3. ジムのターゲットやコンセプトを決める
    4. 差別化を意識したサービス内容を決める
    5. どんな価格設定にするか
  5. フィットネスの開業・経営に有利な資格「FCM技能検定」とは?
  6. 【女性専用フィットネスジム】FC加盟による独立でおすすめの店舗5選
    1. FURDI(ファディー)
    2. CACHIE(カチエ)
    3. Outline(アウトライン)
    4. ShapesGirl(シェイプスガール)
    5. Amazones(アマゾネス)
  7. フィットジムを上手く経営するには?ポイント毎に紹介
  8. まとめ

この記事を読んだ人にオススメ

AI×フィットネス「ファディー」フランチャイズ概要資料

AI×フィットネス「ファディー」フランチャイズ概要資料

こんな方にオススメ

  •  フィットネス・フランチャイズに関心がある
  •  フィットネス事業に関心がある
  • ネクストブレイクするフランチャイズに関心がある

女性専用フィットネスジム・スタジオとは?

肩を組む3人の女性

女性専用フィットネスジム・スタジオは女性トレーナーによるレッスン・豊富なアメニティ・完全個室など女性ニーズに特化しており、男性の目を気にせず利用できるのが大きなメリットです。

これまでは男女兼用のジムが一般的でしたが昨今、健康志向の高まりによりフィットネスの需要が増加。女性専用ジムをはじめ、さまざまな業態のジムが急増しました。

J-Net21の市場調査データによると、フィットネス人口の割合は60代女性の割合が高く、ジムの利用意向も20〜50代女性が高い傾向にあります。女性専用ジムのニーズは今後も広まっていくものと予想されるでしょう。

 

女性専用のフィットネスジムの業界の動向とは

急成長しているグラフ

これからの女性専用ジムの動向を見ていきましょう。国内の女性専用フィットネスジムの最大手はカーブスです。全国47都道府県で1,947店舗を展開、会員数も約75万人と国内の女性専用ジムのなかでトップシェアを占めています。(参照:カーブスホールディングス公式サイト

カーブスの大きな特徴は筋力トレーニング・有酸素運動・ストレッチを組み合わせた30分のサーキットトレーニングです。初心者や運動が苦手な方でも短時間で効率よく運動できることから60代以上の女性・主婦層からの人気を集めています。

カーブスは60代以上のシニア世代の女性をターゲットにした経営戦略で大成功を収めました。そのため高齢者女性をターゲットにしても、大手のカーブスに勝つのは難しいといえます。しかし言い換えると20代〜40代の若い女性をターゲットにしたフィットネスは伸びしろがあるということです。

今後のフィットネス業界は、フィットネスジムを利用したいと考えている若い女性のニーズに合わせた経営戦略が重要といえるでしょう。

 

ジムの独立開業の方法は2パターン

挑戦

ジムの独立開業方法は2パターンあります。内容は以下の通りです。

  • 【個人経営】起業して自分でジムを開業

  • フランチャイズ契約

この章ではそれぞれの特徴について詳しく解説しています。ジム経営を検討中の方はぜひ参考にしてください。

 

その1【個人経営】起業して自分でジムを開業

個人経営は自分でジムを開業する方法。コンセプト・ターゲット層・店舗の設備や内装など、自分が理想とする店舗を構えたい方に向いています

しかし物件を探したり、ジムとしての環境や設備を整えたりとオープンするための準備がたくさんあります。また集客方法や収支バランスを考えた経営戦略など、経営者としての手腕も必要となるでしょう。

 

その2フランチャイズ契約

フランチャイズ契約はフランチャイズに加盟して開業する方法。加盟金やロイヤリティを支払う代わりに、フランチャイズ本部が持つブランドの使用権や経営ノウハウなどの提供を受けられるのが大きな特徴です。なかには顧客管理システムの導入や集客のためのサポートなど手厚い支援を受けられる場合もあります。

しかしフランチャイズ契約には店舗の内装・開業地域・経営方針など、さまざまなルールが設けられています。個人経営に比べて自由度が低いですが、経営未経験の方でも参入しやすい事業といえるでしょう。

 

女性専用フィットネスジムを開くには?開業に必要な準備5選

5つの星と人形

女性専用フィットネスジムを開業するにあたって必要な準備を解説していきます。内容は以下の通りです。

  • 開業する地域のリサーチ

  • 集客方法を明確にする

  • ジムのターゲットやコンセプトを決める

  • 差別化を意識したサービス内容を決める

  • どんな価格設定にするか

開業する際は開業資金や運転資金などの費用を準備するだけでなく、自分で考えたり決めたりしなければいけないことがたくさんあります。開業後の失敗を防ぐためも開業前の準備はしっかり行いましょう。

 

開業する地域のリサーチ

事業を成功させるためにも開業する地域のリサーチは必要不可欠。ターゲットとする年代や属性が住んでいるか・近隣に競合他社があるかなど、しっかり調査するのが大切です。また開業する地域を選ぶ前に、年齢・性別・趣味趣向・家族構成などターゲット顧客を明確にしておきましょう。

例えば住民のほとんどが高齢者の地域に、若い女性向けのフィットネスジムを開業しても、運営し続けるのは困難です。さらに競合店があれば集客に影響がでます。その地域で開業した場合、安定した集客を見込めるかを見極めましょう。

 

集客方法を明確にする

経営はお客様に利用してもらうことで成り立つもの。集客を増やすためにも、集客方法を考えておきましょう。

チラシを作成し配布するのが一般的ですが、Twitter・InstagramなどのSNS、公式ホームページなどWebを使った集客方法もあります。多くのお客様に利用してもらうためにも宣伝・広告費の予算を組み、多方面からのアプローチをしっかり行うようにしましょう。

 

ジムのターゲットやコンセプトを決める

開業する際はコンセプトを決めておきましょう誰に・何を・どのように提供していくかをまとめると開業準備がスムーズになります。

とくに大切なのが先ほども述べた通り、ターゲット顧客をしっかり明確にすることです。またターゲット層を明確にすることで、ニーズの深掘り・集客方法も決めやすくなるでしょう。

 

差別化を意識したサービス内容を決める

競合に勝つためにも差別化を意識したサービス内容を決めるのが大切です。開業予定の地域に競合他社が存在していたり、開業後に競合店がオープンすることも考えられます。

競合店には負けない強みを明確にし、自店ではないと体験できないことをアピールしましょう。

 

どんな価格設定にするか

ジム経営は入会金・会費が主な収入源。どんな価格設定にするかをしっかり考えるのが大切です。高すぎると入会者が少なくなり、低すぎると経営し続けるための利益を得られない可能性があります。まずは開業地域の相場をしっかりリサーチし、売上と経費のバランスを考えながら価格を決めましょう

また価格を決める際は顧客目線で考える必要があります。競合他社よりも低い価格設定にしたとしてもサービスの質が悪ければ、集客はもちろん利用し続けてもらえる可能性は低くなります。

価格が高くても、顧客が満足できるサービスを提供していけば口コミや紹介による集客・リピート率アップにも繋がり、その結果売上アップにも繋がるでしょう。

 

フィットネスの開業・経営に有利な資格「FCM技能検定」とは?

資格試験

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定・通称FCM技能検定とは、フィットネスクラブを通じて、健康で充実した生活を提供するための技能を身につけることが目的で始まった国家資格。FCM技能検定に合格しフィットネスクラブ・マネジメント技能士になるとフィットネスクラブの管理・運営に必要なサービス・コンプライアンス・マネジメントの専門的能力を証明できます。(参照:フィットネスクラブ・マネジメント技能検定公式サイト

FCM技能検定は3級〜1級までに分かれており、3級はインストラクターや受付対応の職員、2級は主任や現場責任者などの役割を想定しています。1級は施設責任者・支配人・経営者に向けた内容です。経営判断・経営戦略・強み経営分析などを重点とした口述問題となっており、判断能力やプレゼンスキルが問われます。

トレーニングについての知識よりも経営にフォーカスした内容となっています。ジムを開業する際に必須というわけではありませんが、利用客からの信頼や経営に関する知識を得るためにもおすすめの資格といえるでしょう。

 

【女性専用フィットネスジム】FC加盟による独立でおすすめの店舗5選

おすすめ

この章ではフランチャイズ加盟による独立でおすすめの女性専用フィットネスジム5選を紹介します。

  • FURDI(ファディー)

  • CACHIE(カチエ)

  • Outline(アウトライン)

  • ShapesGirl(シェイプスガール)

  • Amazones(アマゾネス)

それぞれの特徴やメリットなど詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

FURDI(ファディー)

AIフィットネスファディー

画像出典元:FURDI(ファディー)

加盟金 360万円~
初期費用 2,600万円~
店舗規模 40坪前後
募集エリア 全国
特徴 AI(人工知能)による効率的なトレーニングプログラム

必要機材はAIマシンと備品のみ

予約不要・月額制の通い放題

女性専用の次世代型パーソナルジムのファディーは、AI(人工知能)マシンを活用し、一人ひとりに合わせたトレーニングメニューを提供しているのが大きな特徴AIマシンに映し出された動きを真似するだけなので、運動が苦手な方・ジムが初めてという方でも通いやすいのがメリットです。

さらにAIマシン導入により40坪の小規模運営・一部スタッフを常駐しない無人経営も可能です。店舗の賃料・人件費などのランニングコストを抑えられます。通常高額なパーソナルトレーニングを月額通い放題で安価に提供できるといった戦略的なビジネスモデルで競合との差別化を図れます。

CACHIE(カチエ)

加盟金 160万円
初期費用 3,150万円前後~
店舗規模 お問い合わせください
募集エリア 全国
特徴 ホテル並みの高級感溢れる空間

二重オートロックと大手警備会社による万全なセキュリティ

原則法人のみ募集

カチエは20〜30代の比較的年齢が若い女性をターゲットにした高級24時間ジム有酸素運動マシンのほかにヒップスラスト・ハックスクワットといった女性に人気の最新マシンを導入しています。

さらにサロン専売品の高級アメニティを取りそろえているほか、タオルやトレーニングウエアなどの有料レンタルも可能。手ぶらで通えるのも大きなメリットです。平均顧客単価は一般的なジムの2〜6倍、変動と固定のハイブリッド型のロイヤリティで、安定した経営を目指せるフランチャイズといえます。

 

Outline(アウトライン)

加盟金 300万円
初期費用 お問合せください
店舗規模 30~50坪
募集エリア 駅から徒歩10分圏内
特徴 一生サポート制度により、ジム卒業後のリバウンド対策可能

完全個室・マンツーマンでのトレーニング

アウトラインは駅から徒歩10分以内の地域に展開する女性専用パーソナルトレーニングジム。完全個室で専属のトレーナーによるマンツーマンのレッスンを受けられます。

一生サポート制度により、ジム卒業後もトレーニングや食事法についての悩みを相談できるのはアウトラインだけ。さらにお子様連れで通えるなど、女性に嬉しいサービスを提供しています。

 

ShapesGirl(シェイプスガール)

加盟金 300万円
初期費用 およそ1,200万円~
店舗規模 お問い合わせください
募集エリア お問い合わせください
特徴 独自のボディメイクメソッド・シセトレで効率よく痩せられる

トレーナーも女性のみ

シェイプスガールは女性専用のボディメイク&ダイエットジム。短期間で効率よく健康的なダイエットを目指す女性をターゲットに独自のトレーニング法と食事療法を提供しています。

開業前のパーソナルトレーナー研修プログラムを重視しており、スタッフの教育面を徹底的にサポートしてくれます。開業にあたり、質の高いジム作りを目指せるのも大きなメリットでしょう。

 

Amazones(アマゾネス)

加盟金 300万円
初期費用 1,800万円(3名体制・家賃40万円想定)
店舗規模 お問合せください
募集エリア 全国
特徴 下半身のトレーニングがメイン

365日・24時間営業

プラン・オプションが豊富

下半身のトレーニングマシンを中心に導入している女性専用の24時間ジム。年齢別の定額制やパーソナルトレーニングのサポート、利便性の高いオプションなど、さまざまなプランが用意されており、顧客の幅広いニーズに応えられるビジネスモデルといえます。

開業においては物件選定・内装設備・広告運用・求人採用などを本部が担当します。経営や業界未経験の方でも安定した経営を目指せるよう、手厚いサポートを受けられるのがポイントです。

 

フィットジムを上手く経営するには?ポイント毎に紹介

壁と人形

フィットネスジムを上手く経営するには、オリジナリティのあるコンセプト作り・プロダクトアウトの徹底・口コミや紹介による集客・ペルソナを意識した広告がポイントです。

コンセプトとは企画などを制作する際に設定する基本的な考え方や概念を意味します。ターゲット顧客を決めてニーズを深掘り、そのニーズに合った価値を提供していくのが大切です。また一般的なジムを真似ていても競合他社との差別化は図れません。自店なりのオリジナリティ溢れるコンセプトを考えましょう。

プロダクトアウトとはマーケティングの基本的な概念のひとつ。企業側が提供したいものを基準にサービスや商品を設計することを意味しています。自店の強みを明確にし、数あるジムのなかからお客様に選ばれる店づくりを徹底しましょう。

プロダクトアウトを徹底することで、根強いファンができやすくなります。ファンを増やしていけば口コミや紹介により同じ悩みを持つ顧客が訪れる可能性が高く、その結果、広告費を抑えながら多くの集客を見込めるでしょう。

広告方法はターゲット顧客によっても異なります。年齢層が高ければ折り込みチラシ、若い年代ならTwitterや InstagramなどのSNSを利用するのが効果的です。さらにターゲット顧客の年齢・居住地だけでなく、趣味・ライフスタイル・家族構成に合わせたキャッチコピーやデザインを意識するのも大切。ペルソナを意識することで訴求しやすく無駄がない広告作りが可能です。

 

まとめ

ジム

女性専用フィットネスジムで独立・開業する際は資金面のほかにも事前の準備やリサーチをしっかり行うようにしましょう。ターゲット顧客を明確にしたうえで開業地域を選ぶこと・競合他社の有無をリサーチするとともに差別化を図ることなども大切です。

また開業後、上手く経営するためにはオリジナリティのあるコンセプト作り・プロダクトアウトの徹底・口コミや紹介による集客・ペルソナを意識した広告がポイントです。数あるジムのなかから自店を選んでもらうためにも、顧客のニーズを満たすオリジナリティ溢れる店作りが必要といえるでしょう。

 

           

この記事を読んだ人にオススメ

AI×フィットネス「ファディー」フランチャイズ概要資料

こんな方にオススメ

  •  フィットネス・フランチャイズに関心がある
  •  フィットネス事業に関心がある
  • ネクストブレイクするフランチャイズに関心がある

この記事の信頼性

BBSインターナショナル株式会社 取締役 藤本 晃士

BBSインターナショナル株式会社

取締役

藤本 晃士

2003年、関西学院大学法学部卒。
個別指導塾のエリアマネージャー、教育系ベンチャーを経て、
2014年、現所属の母体となるNBCインターナショナル(株)に入社。
教育、飲食、リラクゼーション、美容室、フォトスタジオ等、多岐にわたる業種のFC展開に携わる。
現在は、支援するAIフィットネスFCブランドに加盟店としても取り組み、チェーンNo.1店舗に成長させる。
運営ノウハウを築きながら展開支援をおこなう、ハンズオンコンサルティングを軸に活動。

0120-957-320